インプラントをちょっと考える

最近は、周りで親知らずを抜いた人が何人かいたりして、歯の話題が多くなってきました。年をとると健康の話題が増えるというのは本当ですね。歯が抜けたあとに歯を入れないとどうなるか?ということについて考えていました。歯が抜けたらもう虫歯になることもないし、そのまま放置しておけば良いだろうと思っていましたが、そんな単純なことではなかったようです。たとえ1本の歯でも抜けてしまうと、今までの圧力の均衡が崩れるので、歯がドミノ倒しのようにどんどん抜けていってしまうのだそうです。そうなるのを防ぐ方法としては、ブリッジやインプラントがあります。最近はインプラントの技術も良くなってきているので、インプラントにしようかなと思っています。三鷹市のインプラントを考えているのです。顎の骨にチタンのネジのようなものを打ち込むみたいですから、ちょっと怖いです。ただ、他のはを守るためには必要な処置なのかもしれません。歯って大事だなと思った時はもう遅いんんですよね。もっと早くから虫歯や歯周病のケアをちゃんと自分でやっておくべきでした。