しみやしわを防ぐには紫外線対策が重要

強い紫外線に長い間さらされると、肌のしみやしわができやすくなります。肌に紫外線が当たらないようにすることは、やっておくべきことです。十分な水分が保てていれば弾力はある肌でも、紫外線によって肌老化が起きると乾燥し、しわやたるみが目立ちます。しわやたるみが一度できてしまうと、その後のスキンケアでリカバリーをすることは時間がかかります。一旦、肌の乾燥が進むと元通りにすることはとても難しいので、そうなる前のお手入れがホームケアでは大事です。紫外線の影響でしわやしみが増えますのて、いかに紫外線予防をするのかが大事です。ちょっと庭先に出るくらいでも、5月~9月ごろの紫外線は特に強いので対策が必須です。日焼け止めクリームをこまめにつけ直したり、日傘やサングラスを活用することで、紫外線の強い季節を乗り切りましょう。日中は、冬でも紫外線が強い日があります。雪からの照り返しにも紫外線は含まれていますので要注意です。紫外線から肌を守る必要が常にありますので、曇っていても、雨の日でも、紫外線を意識したケアが大事です。ちょっとしたお出かけの時でも、日差しがあるなら日焼け止めクリームは必要です。紫外線はガラス窓も透過しますので、屋内にいたからといって安心とはいえません。窓際にいる時は、日焼け止めが必要になるものです。アクレケア