更年期障害の症状

更年期障害というと一般的にわかることといえば50代前後の女性が身体がほてったり汗が止まらなくなったり、イライラしたりするような症状のことをいいます。でも実際に更年期障害って結局なんなのでしょうか?

まず女性というのは平均寿命は85歳程度といわれておりますが、生理があがる閉経というのはだいたい50歳前後だと言われています。そのころに起こりやすいものでみなさんが知っての通りのほてりや発汗、イライラするような症状が現れたします。自律神経が不調になることが原因です。またこの時期にうつ病になる人も多いようです。

この時期の女性は結婚している人だとちょうど子供が受験を迎えたり、親の介護(それも旦那さん側の介護だと本当につらいですよね。)の問題など様々なつらいことを抱えています。更年期で不調なうえにそれが引き金となってうつ病にある人が本当に多いようです。パートナーや家族もしっかりと更年期障害について知ることが必要ですね。

ちなみに昔の女性は更年期に近づくころが寿命だったとか・・それを考えると私たち長生きするようになったんですね。

イライラを解消する更年期サプリ