色々ある口臭の原因

口臭といっても、その発生原因には様々な要因があります。口の中に口臭の原因がある場合には、どこかの歯に大きな虫歯があったり、多くの歯に歯周病があることが多いです。

また、歯磨きなどが不十分なために、口の中に食べ物の残りが溜まっていることも原因に挙げられます。口の中には、非常に多くの細菌が住みついていることから、食べ物のカスなどを栄養にして繁殖します。その繁殖した細菌が、様々な代謝産物を出します。その代謝産物の中に口臭の原因となる臭いの成分が含まれるのです。

また、虫歯の部分や歯周病が生じているところには、特に多くの細菌が繁殖しているために、口臭を引き起こすと考えられています。また、舌表面に付着している汚れや細菌やカビなども口臭を発生する原因とされています。口の中に特に原因がない場合には、鼻やその鼻と交通している副鼻腔と呼ばれる骨の空洞部分に炎症が生じており、そこに膿が溜まってしまうことで、口臭が発生することも多くあります。

膿は細菌の死骸が多く集まったものですので、くさいにおいを発します。鼻の奥と口の中の奥の部分はつながっているので、鼻や副鼻腔に溜まった膿の臭いが、口の中の奥から出てきて口臭となるのです。

参考サイト:チルドブレッシュの効果は?【口コミレビュー画像付き】