バイアスタイヤ

バイアスタイヤというタイヤをご存知でしょうか。バイアスとは、布地を裁断した斜めの線という意味があります

糸が交わった層ということからクロスプライと言われています。この糸を斜めに張り合わせるのではなく、タイヤの回転方向に対して糸を横向きにするということが考えられ始めました。タイヤを真横から見ますと内部の糸がタイヤの中心から放射状に広がっています。この放射状のことをラジアルと言い、ラジアルタイヤというものができました。このラジあるタイヤを最初に実用化したのがミシュラン兄弟でした。ミシュランは横並びの糸の上から細いスチールの意図をより合わせたバンドで締め付けたためにタイヤががっちりとして長持ちしました。最初このラジアルタイヤの乗り心地が硬いというクレームがありましたが、やがて改良に改良が重ねられて乗り心地の良いラジアルタイヤが登場するようになりました。今では、このすべての車がこのラジあるタイヤを履いています。車買取 茨木