発症したのいつ?なぜ?年金をもらい始めたきっかけ

大学を出て、仕事についた。意気揚々と熱意に燃えた毎日だった、勤めて15年が過ぎた春のこと、40歳のとき。全く未経験の上司が来た、何にもわからない癖に上から目線、、どうしてこういう決定になったのか?と質問したら「私が決めましたから!」だから理由を聞いてるんですけど!でも答えは同じ、「私が決めました」の一点ばり。。部下からしたら到底受け入れは厳しい内容だったけど、俺は中間管理職の主任、無理くり下に指示を出したら、非難囂囂、、だよな、、毎日そんなことばかり、そんなある日、朝、起きれない、夜は寝付けない、あれ?なんかおかしい。。そうはしながら仕事だし力を振り絞って出ていた。そうするうちちに、職場に行くと息が苦しい、脂汗がでる。。え?これって何?俺はどうした?体も重たい、頭も痛い、休みを取って内科に通院したけれど「特に異常はありません、疲労ですかね」とブドウ糖の点滴を受けて、1日休んだ。何となく体も軽くなったぞ。。ところが朝になると頭が痛い、体も重たい、やっぱり職場に行くと息が苦しい。。家族に話すと、「気合が足らん」とか言われて相手にしてもらえない。。騙し騙し仕事を続けたけど、、ある日、仕事場に向かう車の中で「あの三叉路を真っ直ぐ突っ込めば、向かいは高い断崖絶壁、職場に行かなくてよくなるな。。」ということに気遣いた、。その時は車のローンが残ってだから何とか思いとどまったけど。。思い返してみたらこの時が、病気の始まりだったんだ、、休みの前の日は元気溌剌、でも休みの夕方になると憂鬱極まりない。もうあれから何年になる??あの時、あの上司が来なければ、、今でもまだあの場所で俺は働いていたんだろうか。。あの頃で手取り30万円、今は年金で月に6万ちよい。。あのバカな上司がいなければ、、考えても仕方ないのは充分わかってるけど、今でもあの高飛車な上から目線の薄笑いを夜中に夢を見ることがある。。うつ病でお金に困ったら・・・