歳を取るにつれてどうも歯の調子が悪くなり

歳を取るにつれてどうも歯の調子が悪くなりました。虫歯もあるし、歯茎が腫れたり出血することが増えてきたのです。
そこで、歯科衛生が進んでいるスウェーデンの歯磨きスタイルを実践してみました。
まずは歯ブラシ選びから。今までは電動歯ブラシ一本でしたが、小さなヘッドの部分磨き歯ブラシを購入しました。5ミリくらいのヘッドで山のような形をしています。通常の歯磨きをした後に、この歯ブラシで歯並びの悪い部分や歯の裏側の凹んでいる部分を磨きました。
次にフロスを利用しました。今までも使ったことがありましたが、意外と太さやワックスの有無が大切なようです。ワックス有りが滑りが良いので、私の場合は歯間に合ったサイズのワックス有りのフロスを購入しました。ゆっくりと歯間に挿入し、前後させてフロスを抜くと、歯磨き後にもかかわらず沢山の汚れが!これが虫歯の原因だったのかもしれません。
最後は洗口液でうがいします。スウェーデンでは歯磨き粉も洗口液も、日本で売っている物の数倍のフッ素濃度だそうです。今回はこれらを取り寄せ、高濃度フッ素で洗いました。味は一般的な日本の物と変わらない感じで、少し甘みがありスッキリとしています。
この歯磨きを続けて1週間、歯茎が引き締まったようです。毎日のことだけどコツコツ続けていこうと思います。
裁判を起こす気はありません